スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
電子書籍はじめました
『二年に一度働く男』
段々これが定着しつつあるオナ姉です、こんばんわ。

確か2009年も『流行り神3』、『おおかみかくし』、『極限脱出9時間9人9の扉』と夏休みに宿題やんなかった子が一気にやった的に一年に3作品も発表&発売したわけですが、今年もそんな年になりそうですよ。

さて、スタジオを作ってからというもの人のご縁で漫画原作、ラノベ、ゲームと様々な企画を水面下で進行させてもらっているわけですが、その中の一つが今日発表になりました。


電子書籍オリジナル雑誌「gen-saku(ゲン-サク)!」
※ヤフーニュース記事リンク

名称未設定 3のコピー

こちらは電子書店『BookLive』さんで配信させていただく月刊ノベル雑誌なのですが、創刊号から連載を持たせていただくことになりました。
タイトルはね、うん……恥部っていう部活モノなのよね。

恥部


内容的には破天荒女校長『四方昧 緒菜音(よもまい おなね)』が学園つまらんから日々面白おかしく生きるために恥部という部活を設立。
主人公『鮎川 良雄(あゆかわ よしお)』がなんやかんやそれに巻き込まれて、頭のおかしい人たちが続々出てくるって話です。


最初はもっと別の、女の子4人が学校内で恥ずかしいことにチャレンジしていく漫画企画だったのですが、一度埋没してから拾い上げる際に副業で講師をやっている経験を活かして、GTO、ごくせん的な破天荒教師モノを作れないかと思って出来上がった次第です。
嘘です。本当はもっと単純で、恥部っていうタイトルの本が書店で平積みされてたら面白くね? とか、おこがましすぎる理由で作ってしまいました……。
他のラインナップの作者さんはいずれも大御所の方ばかりで、みんな大真面目な作品書いているのに『恥部』って……。
なんか生きててすいません……ちゃうねん。決してふざけている訳じゃなく、大まじめにふざけようと思った結果がこれなんですよ!

とはいえ、目指すところは肩の力を抜いて読んで、ニヤニヤ出来るお話し作り!
女校長がどこかで聞いた名前だったり、主人公君がどこかで聞いた名前だったりしますが、今後もどこかで聞いた名前の人たちが出てきて、この私立集知学園を引っかき回してくれるでしょう。

仕込み自体は去年末からガッとやってしまい、イラストはウチのスタジオ『ガジェット・スミス』の守さんが担当しております。


本当は別の漫画企画を用意していて、そっちがウチのスタジオの第一弾作品になる!
……と思いきや、僕の作業が中々捗らず順番がずれて、第三弾作品ぐらいになってしまう勢いで、

別のラノベ企画も進行中なので、今度はそっちがウチのスタジオの第一弾作品になる!
……と思いきや、諸々の事情で出版が延期になって、第二弾作品ぐらいになってしまう勢いで、

本企画『恥部』が結局、最初になってしまった感じです。
他二つはかなり大まじめな話なので、久々にギャグ書こう! と思ったら案外ブランクがありすぎてコメディになってしまった訳ですが、それでも出来理限り面白おかしく、キャラコンテンツとして成立するように書いたつもりです!!

同誌はジャンプ的にアンケートが集まれば電子書店だけでなくリアル書店に並ぶ形になったり、雑誌のコンセプトが『映像の原作になり得る作品』なので、何かが曲がり間違い、世の中がおかしくなれば映像化もあり得る!? ……と、思いたいです。


ちなみに同じ雑誌にウチの教え子、沢城樹の作品『メリーさんが出たよ。』も連載させてもらっております。
教え子関連はビックリするでしょうが、長野に帰った作者と連絡を取りつつ、割りと前から仕込んでおりましたw
なんか教え子の方がキャッチーな作品で僕の方が負けてるんじゃね? と思わずにはいられないですが、末はギャルゲー書いていた頃のように腹を抱えて笑える、頭のおかしい作品にしていければ! と思っておりますので、応援よろしくお願いしまーっす。


あ、ちなみに第二弾作品も近日中には発表になるかと思います。
そちらは打って変わってシリアスバトルモノですので、発表できるタイミングになったらまたお知らせしまする。
今年はこれを皮切りに今お話しをいただいている企画を出来る限り世に排出していきたいです。

恥部、第二弾、第三弾作品と、いずれも某4姉妹以来の僕原作の企画ですので、今後も自分のリビドー全開のオリジナル作品を続々リリースしていきますね。

スポンサーサイト
【2011/04/22 18:56】 | 自己紹介、仕事歴 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。